離婚の原因ランキング

最近では離婚する人が多くて問題になっていますよね。では、離婚の原因とは何なのでしょうか。<性格の不一致>もっとも多い離婚の原因が性格の不一致です。このことに驚いた人は多いのではないでしょうか。確かに性格不一致での離婚というのは話に聞きますが、しかし離婚となると浮気をしたからだと考える人が多いとおもいます。しかし現実は性格の不一致によるものが一番でした。なぜ性格の不一致で離婚することになるのかというと、やはり相手のことが気に入らないからですよね。初めは些細なことで気になります。それこそ喧嘩をしてから相手に不満を持つと、どうしても相手の悪いところが目についてしまうでしょう。そんなどうでも良いことから始まり、自分で絶対にしないようなことを平然とすることに気がつきます。本来であればそんなものかと受け流すことができますが、何かしら原因があるとなるとどうしても気になりますよね。その結果、性格の不一致で喧嘩をし最終的には離婚に至るというわけです。あくまでも一例ですが、このようなことがあり得るのです。<どちらかの浮気>2番目に多い離婚の原因が浮気でした。こちらの方がしっくりくるという方が多いのではないでしょうか。これは言うまでもなく、信頼を裏切った人間とは共にいることができないとことで離婚します。とはいえ、夫婦であれば子供がいることが多いですから、一回めの浮気が見逃すことが多いです。やはり離婚してしまうと子供が可哀想ですし、別れてしまうと生活が苦しくなりますからね。ですから、初めは浮気をしても我慢します。問題は2回目、3回目の浮気です。こうなってしまうとどれだけ温厚な人でも嫌気がさし、離婚に至ることがあるでしょう。<家庭内暴力>3番目に多いのが家庭内暴力でした。家庭内暴力、最近ではDVなどと呼ばれるものですね。これは無意識のうちの暴力と意識的な暴力の2種類あります。無意識の暴力は自分が自覚していないだけで、相手にとっては暴力そのものだということです。例えば癖で妻の肩を叩く行為。これが軽くであっても女性にとっては重たい一撃ということがあります。意識的な暴力に関しては腹が立ったから殴ったなどのことですね。この場合は言い訳のしようもなく、妻が訴えれば離婚が成立するでしょう。<慰謝料をもらうなら>いずれが離婚の原因であれ、離婚するのであれば今後の生活は一人で送らなければならないということです。お金に余裕があるのであれば問題ありませんが、大体はお金に余裕がなくて苦しい目にあいますよね。だからこそ、離婚するのであれば慰謝料はもらうようにしましょう。そうしないと自分と子供が苦しむ羽目になるのです。その手段として弁護士を雇うのはもちろんの事、多額の慰謝料が欲しい場合は探偵を雇うことをオススメします。探偵は離婚の原因の証拠を集めてくれるため、裁判を有利にするめることができます。