婚約者への制裁

婚約者とは、結婚の約束をした人間のため浮気をされると恋人の時よりも辛い思いをしますよね。そのためか、どうしても憎しみや怒りに飲まれてしまいます。しかし、それは正しいことです。何故なら、浮気とは人を裏切る行為ですから、裏切り者に怒りを覚えるのは当たり前のことでしょう。ですから、浮気をしたものに制裁をしても、大抵の人間が当然だと見逃します。しかし、一つでも間違えれば同情どころか非難される恐れもあるため気をつける必要があります。そして、そのような非難を避けるためには探偵の協力が必要なのです。その理由についてご説明したいと思います。<探偵を利用した方がいい理由とは?>探偵を利用した方がいい理由は単純です。相手が浮気をしたのだという証拠が必要だからです。なぜ浮気の証拠が必要なのかというと、それは相手が浮気をしていないという言い逃れを防ぐとともに、もし慰謝料などの法的な手続きを踏む際に必要になってくるものだからです。今回の場合は慰謝料云々と言うよりも、制裁を加えて非難を避けるには必要なことだからという認識を持った方が良いでしょう。浮気の証拠を具体的にどのように使うというものはありません。ただ、必要な時に使うだけです。例えを出すなら、制裁を誰かしらに非難された時です。その時に婚約者が浮気したと言っても婚約者が泣いて否定すれば相手の感情はどうしても婚約者に向くでしょう。そんな時に浮気の証拠を出したらどうでしょうか。同情は倍になって戻ってきます。ですから、どちらにせよ婚約者に浮気された以上は探偵の協力を得て証拠を集めるしかないのです。<浮気の制裁方法は何がいい?>婚約者にとってもっともダメージの大きい制裁方法は、婚約の解除と慰謝料の請求ですね。まずは婚約の解除ですが、これは浮気をされた以上は大体の方が決意することでしょう。しかし、中にはもうしないからという婚約者の言葉に絆されてチャンスを与える方もいます。確かにそれはそれで素晴らしいことです。しかし、制裁を加えたいと思うほどの怒りがあるのでしたら、いっそのこと婚約を解除してはどうでしょうか。婚約の解除は相手の思う壺ではないかと思われがちですが、浮気をする人間というのは不思議なもので決して恋人が嫌いだから浮気をしているというわけではないのです。ですから、もし婚約の解除をしようものならとてつもない後悔に襲われることでしょう。そして、そこに多額の慰謝料を請求すれば浮気相手と一緒にいるどころではなくなります。<おわり>とはいえ、それらは非常に重い制裁方法です。自業自得とはいえ、浮気をした婚約者は今後苦しい生活を送ることになるでしょう。そのことに少しでも同情するのであれば、もし何かあった時のために浮気の証拠を入手しておくだけに留めておいた方が良いのかもしれません。もちろん、憎いのであれば徹底的にやるのも一つの手です。

関連ページ

嫁の不倫制裁方法
不倫の慰謝料の相場は夫婦の状況や不倫の度合い・頻度、相手の状況によっても変わります。しかしながら、高額に請求する為の方法もありますので。あなたが納得する金額を得るためにも必ず読んで下さい