嫁への不倫制裁方法

嫁が浮気したとなると許せないものがありますよね。とはいえ、暴力に訴えるわけにもいかず、悶々とした感情が残ると思います。ですので、ここでは浮気した嫁をいかに制裁するのか、その方法についてご紹介したいと思います。<細かな制裁>まずは離婚せずに嫌がらせのような制裁の仕方です。その方法は細かなものですのでまとめてご紹介したいと思います。一つ目は監視ですね。今では誰もがスマホを使用している時代でしょう。そのため、まずはスマホにGPSで監視できるアプリをダウンロードします。これは黙ってやると犯罪になりますので、しっかりと監視するという意味を理解させた上でダウンロードしましょう。そして、あとは24時間GPSで監視するだけです。それはつまり、自由に行動できないというわけですので、精神的に辛い制裁となるでしょう。その他にも、嫁が専業主婦の場合は監視カメラを付けるというのもアリかもしれません。そして、家でだらけた姿をしようものなら、それに対して突っ込むというのもアリでしょう。ただ、こういったことは間違いなく嫌われますので、使用時間と期間を決めた上で使いましょう。二つ目は専業主婦の場合ですが、働かせるというものです。もし、専業主婦で自分がいない時間に浮気をしていたのであれば、これほど有効的な制裁はないでしょう。そして、微々たるものですがお金も入ってくるので一石二鳥です。<きつい制裁>今度は離婚をするからこそできる制裁です。とはいえ、離婚する時にできる制裁といえば一つしかありません。それは慰謝料の請求です。それも嫁に対してだけではなく、嫁と浮気をしていた相手に対しても慰謝料の請求をするのです。これの辛いところは、年収が微々たるものでも一定の請求がされるということ。つまり、ただでさえ一人で生きていくには辛い年収にもかかわらず、そこに慰謝料の支払いが入ってくるのですから、それはもう地獄ですよね。ですので、離婚をする時には慰謝料の請求は欠かせません。そうすることで2次作用として浮気相手と不仲になる可能性があるということです。流石に浮気相手も自分まで慰謝料の請求が来るとは思っていませんから、そこに漬け込み慰謝料の請求を行えば必然的に嫁と口論する羽目になります。それが加速した場合は十中八九仲違いするでしょう。ただ、これは逆に相手に共に生きて行く決意をさせることになるかもしれませんので、それが嫌な場合は取扱いに気をつける必要があります。<証拠を押さえる>最後の慰謝料を請求するというものですが、こちらは確実に浮気をしていたという証拠が必要になってきます。でないと、相手が強い弁護士を雇うと負ける可能性がありますし、勝ったとしても望んだ額より少ないという可能性があります。ですので、確実に慰謝料を請求したい場合は探偵を雇ってでも浮気の証拠を集めることをオススメします。

関連ページ

婚約者への制裁
不倫の慰謝料の相場は夫婦の状況や不倫の度合い・頻度、相手の状況によっても変わります。しかしながら、高額に請求する為の方法もありますので。あなたが納得する金額を得るためにも必ず読んで下さい