不倫の慰謝料を高額で請求するには証拠が必要です

不倫の慰謝料

長い間一緒に連れ添った、夫(妻)に不倫されていたことが露呈!
 
どうしても怒りが収まらないあなたとしては、配偶者の不倫相手を追及してきっちり慰謝料を取ろうと決めたします。

 

それにしても、不倫の慰謝料というものはどのような方法で請求して、どのくらいの相場になるのでしょうか?不倫の慰謝料の相場には基準となる物差しがない! 

 

備考>不倫の損害賠償請求 金額の相場

 

慰謝料とは

 

慰謝料とは、不倫をしていた夫(妻)に対して被った精神的苦痛の代償として支払いを請求する損害賠償のことです。不倫の夫(妻)や不倫した相手に慰謝料の支払いを求めることは、不適切な行いに対する損害賠償請求として法的に認められています。

 

・実は、不倫相手への慰謝料には明確に規定されたものはありません。ですから、過去におこった裁判事例などを参考にして相場を決めることになります。 

 

・不倫の事実があったとしても不倫相手とはもう別れることにして結婚生活を維持していく場合の相場は50〜100万円、不倫が原因で別居になった場合の相場は100〜200万円、不倫が理由で離婚することにした場合の相場は200〜300万円、くらいが一般的な相場の金額です。

 

・ただし、これについてはあくまで裁判に及んだ場合の相場といえるので、相手との示談にするということになると、その際の慰謝料の相場については数十万程度という少ない金額の相場から億単位という大金の相場になる可能性も出てきます。不倫の慰謝料の金額の増減する慰謝料の額というのは、色々な不倫事情により増減されることがあります。

 

参考: 不倫の損害賠償請求 金額の相場

 

慰謝料の金額の増減

 

・夫(妻)と不倫相手双方の年齢差が大きければより、不倫の慰謝料の相場の金額は高くなります。年齢が高ければその分思慮分別が求められたり、不倫の主導権を持っていたとみなされるためです。相場が変わってきます。

 

婚姻期間が長ければより、高額な不倫の慰謝料になる傾向にあります。婚姻期間が長かった場合その分の心情への影響に対する配慮が必要とされ、離婚した後の再スタートも難しく、被った被害が大きいと考えられるためです。

 

・不倫が明らかになる前の結婚生活を円満に過ごしていたならば、金額の相場は高くなります。逆にそもそも別居していたり夫婦仲が悪いためすでに家庭生活が破綻していた状況の時には、不倫をしても不貞行為と判断されずに、支払われる慰謝料が安くなるか全然取れなくなってしまうということも十分あり得ます。

 

・もし夫婦間に子供がいると、さらに慰謝料は増額する傾向にあります。親の不倫によって子供の心に与えるかもしれない影響が考慮されるためです。また、不倫した夫(妻)と不倫相手との間に子供がいるような場合にはこれもまた増額の十分な理由になるのです。

 

・その他にも、不倫をした回数期間がどれくらいかでも増減するでしょう。そしてまた、配偶者や不倫相手が持っている社会的地位や資産によっても慰謝料の金額の増減に影響を及ぼします。

 

口コミ(不倫の損害賠償請求 金額の相場)

 

不倫相手に慰謝料を請求するには?

不倫の慰謝料

・不倫相手と実際に会うなどして話すことができるようなら、話し合いをして和解をして不倫の慰謝料の金額を決めていったほうが裁判をすることなく済みます。

 

不倫の慰謝料の金額が決定すれば、具体的な誓約事項を定めた契約書を作成して、二度と夫(妻)に近づかないようきっちり誓約させる必要があります。

 

・相手と顔を合わせることができない時は、内容証明郵便を送って慰謝料などを要求します。内容証明郵便は法的な証拠となりますので、可能ならば弁護士行政書士など専門家に依頼して作成してもらうようにしましょう。

 

内容証明郵便を送付しても反応がなく不倫の慰謝料を払わなかったり、その後も配偶者との不適切な交際を続けてるなら、法的措置を取り簡易裁判所に出向いて調停を申し立てることになります。

 

いずれにしても、不倫の慰謝料を請求しちゃんと支払いをしてもらうために、不倫問題について詳しい弁護士などの専門的な知識を持つ人に間に立ってもらうのが最も安心な方法といえるでしょう。

 

PR☆ 不倫の損害賠償請求 金額の相場

 

旦那夫に慰謝料を請求できるか?

 

不倫の慰謝料

浮気(不倫)した人間への慰謝料請求は可能だということは周知の事実だと思います。

 

しかし、浮気(不倫)相手への慰謝料請求となると分からないという方が多いですよね。

 

ですので、ここでは浮気(不倫)相手への慰謝料請求についてご紹介したいと思います。

 

重要! 不倫の損害賠償請求 金額の相場

 

<慰謝料請求はどのくらい?>

 

まず、浮気(不倫)相手への慰謝料請求が可能なのかというと、十分に可能と言っても良いでしょう。悪いのは浮気(不倫)した人間ですが、そこに加担して時点で共犯ということになりますからね。

 

浮気(不倫)された人間からすると浮気(不倫)した人間もそれに加担した人間も等しく悪いということになります。では、金額の相場やどのくらいの請求が可能なのかというと、それは個人によってかなり違いが出てくるのではっきりとは言えません。

 

ですが、あくまでも目安として相場を言うのであれば50万から200万の間となります。確かに浮気(不倫)に加担したことは事実ですが、既婚者だということを知らない可能性がありますし、そもそも夫婦間が壊滅的な状況という可能性もあります。

 

そう言った各々の環境や慰謝料を支払う人間の年収などに左右されるので、やはり慰謝料の相場は分からないというのが正解です。ですので、浮気(不倫)相手への慰謝料の相場は弁護士などに聞くといいでしょう。

 

評判* 不倫の損害賠償請求 金額の相場

 

<本当に請求できるのか状況整理>

 

不倫の慰謝料を請求する上で最も欠かせないことが、本当に請求できるのかどうかということです。浮気(不倫)された人間が慰謝料請求できるのは当たり前だと思うかもしれませんが、実はそんなことはありません

 

というのも、浮気(不倫)をする人間というものは何かしら理由があってするものです。例えば、妻と喧嘩したから浮気(不倫)したというもの。これは間違いなく慰謝料を請求することができます

 

しかし、数年前からセックスレスでろくに会話もしない。いわゆる家庭崩壊の状態であれば、誰がどれくらい浮気(不倫)をしようとも精神的苦痛を理由に慰謝料を請求することはできません

 

なにせ籍を入れていようともほぼ離婚に近しい状態にあるのですから裁判所が認めることはありません。ですので、慰謝料を請求する場合は本当に慰謝料を請求できる環境なのかを考える必要があります。そうしないと一方的に損をするだけですからね。

 

<確実に慰謝料請求するには?>

 

確実に慰謝料を請求するなら、まずは家庭環境がまともでなければなりません。とはいえ、大体の家庭はまともと言いますか、家庭内離婚にはなっていないでしょう。ですので、その点は問題ないとして話を進めます。

 

浮気(不倫)の慰謝料を請求するには、やはり証拠というものが必要になってきます。ですので、確実に慰謝料を請求するには浮気(不倫)の証拠を集めましょう。

 

そのためには、弁護士と探偵を雇う必要があります。探偵は確実な証拠集めを。弁護士は集めた証拠が有効か否かを判断し、有効であれば慰謝料請求を代理で行ってくれます

 

注意・不倫の損害賠償請求 金額の相場

 

旦那への不倫への制裁

不倫の慰謝料

旦那が見ず知らずの女と浮気(不倫)してたら腹が立ちますよね。

 

そこで別れるというのも手ですが、ワカれてしまえばそれっきりになってしまうのも事実です。

 

そうなってしまえば個人的な制裁を行うことができません。ですので、ここでは個人的にできる制裁方法についてご紹介したいと思います。

 

<監視>

 

人間とは、やはり見られたくない生き物です。それが一時的であれば耐えることもできるでしょうが、長い時間となると耐えられない人間が多いのではないでしょうか。そこで行う制裁というのが、監視です。

 

監視とは読んで字のごとく旦那を24時間監視するというものです。どのようにやるのかというと、まずはスマホのGPSを利用します。これはスマホのアプリになるのですが、子供が迷ってもいいように常に監視するアプリが存在するのです。

 

それを旦那の同意のもとにダウンロードします。そうすれば合法的に旦那を監視することができ、かつ制裁と抑制になりますよね。その他にも盗聴器を付けるというのもありかもしれません。常に音を拾われるとなると色々と気を使わないといけないので、旦那はとてつもない疲労に襲われることでしょう。

 

リンク= 不倫の損害賠償請求 金額の相場

 

<小遣いの減額>

 

お金の管理を女性がしているのであれば、旦那は自由に使えるお金が制限されているということですよね。そこで小遣いを大幅に減額してみてはどうでしょうか。極論ですが、自由に使えるお金があるから浮気(不倫)することができるのです。ですので、浮気(不倫)できないように予防も兼ねて、制裁としてお小遣いを減額します。

 

ただし、注意点としてそれを長く続けることはお勧めできません。やはり、自由に使えるお金がないということは辛いものですから、それを続けることによって精神が離れていき、最終的には家庭内離婚のような形になってしまいます。そうはなりたくないのでしたら、計画的に小遣いの減額を行うことをオススメします。

 

<慰謝料>

 

これは既に離婚を決意した時の制裁方法ですね。それは慰謝料の請求です。慰謝料の請求となると大体が100万円を超えていきます。それはお金持ちにとっては些細な金額でしょうが、世の大半の男性にとっては非常に重たい金額となりますので、浮気(不倫)の制裁としては最適と言えるでしょう。

 

<何をするにしても>

 

どのような制裁を行うにしても、浮気(不倫)をしたのであればその証拠を押さえておく必要があります。何故なら、浮気(不倫)した人間が離婚を申し込んでくるかもしれませんし、あるいはこちら側から離婚を申し込むことになるかもしれません。

 

どちらにしろ浮気(不倫)の証拠というものが必要になってきます。ですので、制裁を行いたい場合は探偵を利用することをオススメします。

 

宣伝:不倫の損害賠償請求 金額の相場

 

不倫裁判の進み方

不倫の慰謝料

不倫をされた、あるいは不倫をした場合に重要になってくるのは裁判ですよね。

 

どちらにしろ勝訴することができなければ色々な意味で損をすることになります。

 

とはいえ、大体の方が不倫裁判は初めてのため、何をすれば良いのか分からないということもあるでしょう。ですので、ここでは不倫裁判の進み方について説明したいと思います。

 

<全ては起訴から始まる>

 

そもそもの話になりますが、起訴をするかどうかを考える必要があります。不倫と聞くと裁判となるでしょうが、裁判をしないで済むならそこで終わるに限ります。なにせ裁判したということは黙っていても何処かで漏れてしまうことですからね。

 

そうなって困るのは互いに同じことでしょう。ですので、本当に裁判をする必要があるのか考える必要があります。その上で「裁判しかない!」と思うのでしたらその地域の裁判所に向かい、起訴する旨を伝えます。この時に色々と手続きがあるため、起訴をする時には弁護士を雇っていた方が良いでしょう。

 

注目です! 不倫の損害賠償請求 金額の相場

 

<裁判開始>

 

起訴する旨を伝え受理されると、訴状というものが相手の方に送られます。これは誰々があなたを訴えたので裁判所に出頭してくださいという旨が記されています。ここで相手が逃げるという可能性がありますが、もし逃げると全面的に敗訴ということになりますので、起訴した側は安心して良いでしょう。

 

逆に起訴された側は絶対に逃げないようにしてください。もし、起訴された側に非がなくても逃げてしまえば何もかもがおしまいです。そして、裁判所に出頭したなら裁判が始まります

 

この時に弁護士がいるとすべて弁護士が行ってくれるので起訴した人間は出廷する必要がありません。しかし、弁護士がいない場合はすべてを自分で行わなければならないので出廷する必要があります。

 

<和解か続行か>

 

不倫裁判はどちらかが折れればすぐに終わるものです。それはつまり、折れさえしなければ長引くということです。それはお金や時間がかかるため双方にとってあまり良いこととは言えませんよね。

 

ですので、ここでどちらかが和解を申し込めば裁判を終わらせることができます。とは言え、和解だからと言って双方にとって望んだ終わり方になるのかというとそうではありません。

 

おそらく、慰謝料が欲しいと思っても大した額はもらえないでしょうし、慰謝料を払いたくないと思っても少なからず払う必要になるでしょう。だからと言って、和解の結果を無視すると差し押さえなどがあるため、慰謝料を支払う側は無視をしてはダメです。

 

<裁判をするためには必要なことがある>

 

ざっくりとした不倫裁判の進み方ですが、以上のような流れになるのは間違いありません。そして、以上のような流れに持っていくのは裁判をする必要があるのですが、何の証拠もなく訴えたら負けるに決まっていますよね。

 

ですので、どうせ訴えるなら絶対に勝てるように不倫の証拠を押さえておく必要があります。その手段として探偵がオススメですので、不倫による起訴を考えている方は一考してみてはどうでしょうか。

 

おすすめ: 不倫の損害賠償請求 金額の相場